二の腕が太い原因は?どうしたら引き締まる?

ダイエットに取り組んでいて痩せにくいなと気になる部分の代表的な存在に二の腕がありますよね。

なのに夏は半袖で露出する機会が多いし、冬は腕のシルエットに影響してくる

厄介な存在ですよね?笑

ダイエットに取り組もうと考えられた方は、この二の腕に悩まされて取り組んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

二の腕が太い原因については、大きくわけて3つあります。それが

皮膚のたるみ

筋肉量が少ないので脂肪が消費されない

そもそも運動不足なので脂肪量が多い

というものです。
次にそれぞれ細かく原因を深掘りしていこうと思います。

皮膚がたるんで二の腕が太い

これは二の腕の作りに原因があります。腕には、上部分に力こぶがありますよね?

この力こぶがあるおかげで腕らしい運動ができるのですが、二の腕側には力こぶはないですね?

あったら気持ち悪いかもしれません。笑

腕の作りとして、二の腕側を使って運動をするようにはなっていないので、どうしても力こぶ側ばかりが使われてしまいます。

すると二の腕の皮が引っ張られて伸びてしまいますから、腕を縮ませた時に二の腕の皮がたるむ状態になります。こうして、二の腕の皮はたるんでいくのですね。

脂肪が溜まる二の腕太り

二の腕は脂肪がつきやすい部位なので、単純に脂肪が溜まってしまっていて太っているというのも考えられます。

しかも一度つくと二の腕の脂肪を落とすのは難しいです。

もともと筋肉のつきにくい部分なので、脂肪がついてしまいやすいのですね。

二の腕の脂肪を撃退する方法をまとめた記事があるので、そちらを参照して頂けたらと思います。

セルライトによる二の腕太り

もう一つが脂肪細胞に老廃物が結合することによる、セルライト太りです。

二の腕は脂肪細胞がつきやすいだけでなく、リンパの流れが悪くなりやすい部位でもあります。

リンパの流れが悪くなると老廃物が溜まってしまい、脂肪細胞と結合してしまいます。

これが原因で、二の腕にセルライトが出来てしまうというわけです。

つまり、二の腕にセルライトが出来やすいのは、二の腕の作りが脂肪細胞が沢山ついていて、リンパの流れが悪くなりやすいからです。

で、セルライトを撃退するためには、このような二の腕の構造で溜まってしまった老廃物を体外に排出していく必要があるので、リンパの流れを良くするダイエットが流行っているといいわけです。

二の腕が太くなる原因はこのように違うので、二の腕を引き締めるといっても、どのやり方が効くかは、人次第です。

なので、あなたの二の腕太りがなぜ起きているのかを特定して初めてダイエットに取り組めるのが二の腕という部分です。

もしあなたが、とりあえずがむしゃらに筋トレをやろうとしていたり、マッサージで老廃物を体外に流そうとしていたりしたら、あなたの二の腕の原因にその行為が一番効くかを考えてみましょう。

二の腕を引き締めたいあなたに最適なダイエット方法がこのブログにはありますから、引き続き読んで頂けたらと思います。

二の腕痩せを実現する方法を生物学的に検証してみました。

二の腕ってダイエットをしていく上で強敵ですよね?

ネットで調べると、二の腕のエクササイズ、即効で二の腕を細くする方法、などなど。

二の腕と調べただけでいくつもの関連キーワードが出てくると思います。

それだけ皆さん、二の腕を引き締めることに苦労されている部分なんですね。

で、皆さんもご存知だと思いますが、ダイエット方法としてエクササイズ系というものがあります。
二の腕を引き締めたい方は多少なりとも実践した経験はあると思います。

しかし、実は二の腕を引き締めるためにはエクササイズ以外にも色々と方法があるのです。

エクササイズにもいくつか種類がある?

まず、エクササイズにもいくつか種類がありまして、そのことから紹介していこうと思います。

ダイエットをするとして、大切なのはカロリー消費量を上げることですよね?

カロリーを少なくするためには、大まかに言うと3つあるのですが、それは

筋肉をつけて基礎代謝を上げる

運動をしてカロリーを消費する

カロリー摂取量を少なくする

です。大概の方が行うダイエットはどちらかに分類されることが多いです。

で、効率の良い方法がないかを探し始めるのです。

さて、ここで注目をして頂きたいのが、あなたが取り組むダイエットがどの分野にかは当てはまるということでしたね。

もしあなたのダイエットがカロリーを消費する量を増やすことに目的を持っているなら、運動時に大量のカロリーを消費できるようになることがゴールです。

あなたが基礎代謝を増やすことに目的を持っているなら、筋肉をつけてカロリーを消費できるようになった方がいいでしょう。

このようにあなたがどう痩せたいかによって、取り組むべきダイエットが変わってくるのです。

カロリー摂取量を少なくして痩せるなら、食べる量を減らすことがいいでしょう。

しかしそんなことは百も承知かもしれませんね。

私が知りたいのはエクササイズしないで痩せる方法よ!みたいな方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな方には次の2つの方法があります。

マッサージで二の腕引き締めを狙う方法

二の腕が痩せない要因は脂肪量が多いことです。

皆さん基礎代謝を増やしたり、動くことで消費カロリーの総量を上げようと頑張っていますよね!

しかし、実はほかにも消費カロリーを上げる方法があるのです。

皆さんは、筋トレをしてわざわざ筋肉をつけなくてもすでに日々の生活の中で代謝してカロリーを消費していますね。

別に筋肉をつけなくても充分にカロリーを消費する下地はついているので、要はこの消費性能をよくしてしまおうというのが3つ目です。

ムダが嫌いな方に特にオススメの方法です。

あなたの身体の機能を良くしてカロリー消費量を上げるわくですから。

それでも納得いかない方は、究極の方法がありますよ。

脂肪吸引で二の腕の部分痩せを狙う方法

エクササイズなんてめんどくさくてやってられない、マッサージみたいなじわじわと効果があるのは待てない、

そんな方もいらっしゃると思います。今まで、続かなかったのは、即効性がないからだという方もいると思います。

そんなあなたには脂肪吸収という手があります。

今の時代、部分吸引といって二の腕のみの脂肪を吸引できる手術があります。部分的な手術ですから身体への負担も限定的で、基本的に安全な手術です。

手っ取り早く痩せたい方にはオススメのやり方です。

このように、二の腕を痩せさせるだけでも沢山のやり方があります。あなたにあった二の腕引き締めの方法を見つけるお手伝いになれば幸いです。

本当にアミノ酸で健康的に痩せられるのか生物学的に検証してみました。

あなたは運動をしてもちっとも痩せなかった経験がありますか?そうですか。

アミノ酸を飲んで運動をすれば今まで痩せられなかったひとでも痩せるキッカケを得られるのですが、今回はその理由を書いていきますので読んでみて頂けたらと思います。

■目次

 ▶運動をしても痩せる効果が高いひとと低いひとがいる理由とは?

 ▶アミノ酸が痩せやすい身体を作ってくれる理由とは?

 ▶痩せやすくするだけじゃない?健康を促進してくれる理由とは?

 ▶運動をする〇〇分前までに絶対飲んで下さい!

 ▶まとめ
 

■運動をしても痩せる効果が高いひとと低いひとがいる理由とは?

あなたは、経験があるかもしれません。運動をしてもちっとも痩せられなかったという経験です。

しかも同じ運動をしているはずなのに、何故か簡単に痩せていってしまう友達がいたりする。

結局のところ痩せやすいかは体質なのかもしれないと思ってしまう。

もちろん、体質なのはある程度ありますが、じゃあ何が少ないから痩せにくいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。

体質とは一体、何の働きが少ないことを言うのか。

今回ご紹介するアミノ酸という成分は、その痩せにくい体質の方のある物質に働くよう促してくれます。

そのある物質とは、酵素です。

あなたが運動をしても痩せにくいと感じていたのは、このリパーゼという酵素の働きが弱いからという可能性が高いです。

友達とのダイエット成果に差が出ていたのは、リパーゼの働きが弱いことが大きな原因かもしれません。

 ▶目次にもどる
 

■アミノ酸が痩せやすい身体を作ってくれる理由とは?

アミノ酸を飲むと体内で脂肪を分解する働きを持つリパーゼを働かせるように作用します。

つまり、体質的に脂肪を分解する働きをしにくい状態だったリパーゼが働くようになるのです。

加えて、アミノ酸は筋肉の修復を促す効果があります。

筋肉量が増えれば基礎代謝が増えるので、痩せやすいか身体になることが出来るわけです。

つまり、脂肪分解効果を高めて、筋肉量が増えることをは促して痩せやすい身体にしてくれるのです。

目次にもどる

■痩せやすくするだけじゃない?健康を促進してくれる理由とは?

さらにアミノ酸は疲労回復効果まであります。アミノ酸を飲むと、身体の疲労を取るように働いてくれます。
筋トレなどの運動を行ったあとに飲むと身体の健康を促してくれます。

ですが、食事からアミノ酸として分解されるまでに5時間以上かかるとされています。

5時間は身体の疲労が取れるまでに時間がかかり過ぎですよね。

このアミノ酸の吸収時間を一気に短縮できるものが実はあります…

 ▶目次にもどる

■運動をする〇〇分前までに絶対飲んで下さい!

それがアミノ酸のサプリです。アミノ酸サプリであれば
すでにアミノ酸なので、かかる時間は吸収するまでの時間のみです。

ですが、どんなに早いとは言え運動の2時間前には飲むようにしましょう。アミノ酸を分解する時間が別途かかるためです。

運動後に身体疲れてて動きたくないほどハードな運動が予定されていたときに、アミノ酸サプリを飲めば2時間足らずで身体の疲労回復を支えてくれます。

アミノ酸が痩せやすい身体を作り、疲れにくい健康な身体を作ってくれることが分かっていただけたでしょうか。

 ▶目次にもどる

■まとめ

 

アミノ酸は脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを高めてくれるので、ダイエットに効果がある。

それだけでなく筋肉の修復もしてくれるので、基礎代謝を高めてくれる。

さらに運動後の疲労に効くので、健康的にダイエットできる。

アミノ酸を飲んで、明日からまたダイエットに励んでみてはいかがでしょうか。

目次にもどる

ダイエット成功の秘訣は引き算?食事か運動のどちらに失敗原因あり?

ダイエットって本当に何かしないと痩せることが出来ないのかなと思っています。

例えば、スーツを着て会社に行くまでに歩いて通うのと、ウェアを着て河川敷を歩くのとで何が違うのか。

スーツを着て歩くことで目指すことは、会社に着くこと。

ウェアを着て河川敷を歩くことで目指すことはダイエット。

どちらも、目的とする行動が違うだけでどちらも足を使って歩いているのでカロリーは消費しているんですよね。

そうすると、ダイエットに必要なことはカロリー消費ですから、どちらも目的が違うだけでダイエットの条件をクリアーしているわけですよね。

仮にウェアを着て歩く方が気分がよくなって歩く距離が長くなるとするなら話は別ですが。

じゃあ、何が一体もって新しく行動させるのか。

別に会社に歩いていけばカロリーを消費して勝手に痩せることが出来るわけですし。

何か新しいことをしないとダイエットは出来ないと思っている方が多いように思うんです。

でも実際は摂取するカロリーが単に多いだけだったり、日々の生活から引き算していった方が早かったりする。

何か新しいことをするよりも、今の生活で無駄にカロリーを摂取している時間を消していく方が早かったりする。

カロリーを摂った分は消費しないと身体に溜まる一方ですから、痩せるためには

カロリー消費を増やす取り組みをする

摂取するカロリーを減らす

のどちらかをもしくは両方をすればいいだけなんだと思うんですよね。

で、例えば筋トレはカロリー消費を増やす取り組みだし、水ダイエットはカロリーを減らす取り組みですね。

どちらがいいということはないです。
単にカロリー消費を増やすか、カロリー摂取量を減らすかが出来ている行動は全部ダイエットなんですよ。

皆さん真面目だから、何か目的を持って取り組んでいないと自分を責めてしまいがちですよね。

けど、別に目的なんかどうでもよくて実際はダイエットに必要な行動をしていたりするんですよ。

もっとみなさんは自分の日常がダイエット色の素で溢れていることに気づくべきです。

あなたは、意図せずともダイエットを行えていることが多いんです。

じゃあなんで痩せられないんだ?と思うかもしれませんが、痩せないのはカロリー消費量よりも摂取量が多いというただそれだけのことです。

あなたの食生活が普通なのにダイエットがうまくいかないなら、基礎代謝を上げていった方がいいでしょう。

あなたが食べ過ぎてしまっている自覚があるなら、食べすぎを抑えるための工夫が必要でしょう。

たた、ひとつ言えることはあなたは知らず知らず、ダイエットに必要な行動を必ずとっています。ダイエットを成功させるには、今の生活の中で何を工夫をしていけばいいのか考えればいいのです。

あなたの生活は運動不足が目立ちますか?
それとも食べ過ぎが目立ちますか?

その原因は一体なんですか?

人によってはストレスかもしれませんし、様々だと思います。

その原因を突き詰めることがダイエット成功の第一歩です。

あなたの日常に実はダイエットを成功に導くカギが隠されているとしたら…?

あなたはこんな話を聞いたことはありませんか。エレベーターを階段に変えるだけでカロリーを消費出来て痩せれるという話。

ほかにも、電車通勤を自転車通勤にしたら痩せれるという話だったり、毎日、一万歩歩いたら痩せるという話だったり、

実際に日常の過ごし方を変えるだけで、カロリーの消費量が変わるというのは想像出来る話だと思います。

しかし、本当にどれだけ痩せられるのかを知っている方は多分少ないのではないでしょうか。

今回は日常に一工夫するだけでどれだけ痩せられるのかをカロリーの消費量を比べて、検証していきたいと思います。

例えば、私が通勤するときに何気なく使っているエレベーター。

急いでいる時に目に留まると絶対に使ってしまう魔の誘惑。笑
即座に階段を使って降りることを断念して、すぐに乗ってしまいます…。汗

これに乗ってしまうと5階までの階段を使わずに降りれてしまうのでカロリー消費はゼロ。

ああ、なんと悲しき人間の性。
カロリーを消費して痩せる機会をみすみす失ってしまっているのです。

ですが、心の声がここで聞こえてきます。

どうせ階段で5階下る程度じゃ大したカロリー消費じゃないし、乗ろうが乗らなかろうが大差ないし、これからも階段なんて使わんでいいやw

そう、これこそ僕のエレベーターを使う最大の理由です。

実際に階段を下りる程度で痩せられるなんて思っていないのですw

階段を使って降りることが身体にとっていいと思っていても、本音ではお金出してまでジムに通ってきっつい運動してやっと痩せられるってのに、こんなたかが5階を階段で降りたくらいで変わるわけないし、痩せられる程の運動じゃないならいっそのこと階段なんて使わなきゃいいやんw

と、こう考えてしまっているのですね。汗

まさに理性が本音に負けてしまって、何も意味を成していない状態です。w

しかし僕は階段を下ることで本当はどれだけ痩せられるかを知っていません。

ここでひとつ科学的にどれだけ痩せられるのかを僕が知ったら行動が変わるかもしれない、!

そう思って今回、5階分の階段を下りてどれだけ痩せられるかを実際に調べてみました。

一般的に階段昇りでの消費カロリーは約0.135×体重。下りるのは約0.066×体重。とされているようで、

上りでは歩行の約2倍のカロリーらしいです。(ジョギングとほぼ同じ強度)

逆に下りでは歩行とほぼ同じカロリーを消費していることらしいです。

なんですが、計算が非常に厄介なので今回は
http://style-me.sakura.ne.jp/activekaidan/

を使ってカロリー消費量を計算してみました。

1階あたりに28段の階段があるので

上り140段なら:
20.596kcal

gで表すと:
2.677g

下り140段なら:
7.724kcal

gで表すと:
1.004g

仕事の行き帰り、ご飯を買いにいく、帰宅するなど最低でも1日で2回ずつ上り降りするので、
最低でも上りで20.596×2=41.192
降りで7.724×2=15.448

41.192+15.448=56.64kcal

のカロリーを消費する機会があるわけです。

さらに、通勤時にも会社にも階段はありますから、絶対にこれよりはカロリーを消費する機会があるわけですよ。

仮にマンションと同じ段差分の階段を上り降りする機会が3つあれば、僕の場合は56.64×3=169.92kcal消費する機会が1日であるわけです。

これを毎日ちゃんと歩いて上り降りしたら

62020.8kcalの消費が出来る計算です。

牛丼一杯が約700kcalとされているので、

牛丼の約88杯分に相当します。笑

日常に一工夫をして行動するだけでこれだけ痩せられるなんて、びっくりでした。

ダイエットを成功させるには実際にライザップとか、そういう取り組みが必要だと思っていたんですけど、実際はそんなことはないんですね。

むしろダイエット成功には日々の積み重ねが大事だ、ということが今回の記事で本音でわかってもらえたかと思います。

ダイエットを成功させる秘訣とは?絶対に夏までに痩せるには?

ネットで調べるとダイエット方法がずらりと出てくると思うんですよね。

そして、それを見てやろうとしたらどれも効果がありそうで迷う…どれにしたらいいかな、なんて悩んでしまう。

きっと、与えられている選択肢が多すぎて選べなくなってしまっている方も多いのではないでしょうか。

それに、私がそうだったんですが読むだけでなんかダイエットしたような感覚になって満足してしまうことがあるんですよね。笑

専門家のダイエット方法は理論がしっかりしていて、理屈がわかるので余計にダイエットした感覚に陥ってしまうかもしれませんね。汗

ですが、これも私がそうだったんですが、一度はダイエット方法に取り組んでみるんですよね。

で、ちゃんと取り組めたら

お!ちゃんとやれたぞ!少しの労力でゴールに近づけた!じゃあ、近づいた分は少し楽をしてもいいや笑

という感じで、理屈がしっかりしているダイエット方法をやったのでとても満足してしまい、今日はやらないでもいいや、とずるずるやらなくなってしまう。笑

これ、僕のことなんですけど、もしかしたらあなたも経験があるかもしれませんね。

つまり、僕が本当にダイエットを成功させるなら、理屈が通った方法をちゃんと毎日続けることの方が大事だったわけです。

言い換えると、本当にダイエットを成功させたいならダイエットを行う仕組みにこそ注意を払うべきだということです。

何でもそうなんですが、ダイエットであればダイエット方法を知ったら、それをどうやって行い続けるかを考える必要があるわけですね。

実は続ける方法って、頑張ってやるだけ!とかの精神論だったり、脳科学を使って習慣化させるとか、小難しい理屈だったり結構極端だったりするんですよね。

本当は精神論と脳科学の中間みたいなやり方だってあるはずなのに、どちらかに偏ったやり方が多いと思うのです。

じゃあ、どうやったら続けられるんだよ!なんて言われたら、実は続けやすいやり方ってひとによって違うと思うのですね。

僕はどちらかというと科学を信じるので、習慣にしたいことが何かをまず知ってから3週間は行動するようにします。

3週間やり続けるとそれが習慣になると言われているからです。

ですが、ガッチガチの科学信奉者でもないので3週間はある程度は頑張ってやるしかない!という気持ちを持って行動します。

ダイエットを行うなら、ダイエットが上手くいくと思える方法を調べて、3週間は頑張ってやる!という意気込みでただひたすら同じ行動を繰り返します。

で、無意識に行動できるようになったら、今度はさらに違うダイエット方法を生活に取り入れていきます。

そうやって一つ一つできることを増やして、自分の目指しているゴールに近づこうとしていきます。

あなたも、ダイエットに取り組んでいてきっとこのブログを見つけてくれたと思いますから、あなたに合うダイエット方法を続けられるような情報をこれからも更新していきますので、楽しみにしていてくださいね。

エクササイズなしで痩せるにはどんな方法がある?ダイエット効果が高い方法は?

ダイエットをするにあたって、簡単に痩せられるならそりゃ簡単なだけいいですよね?

鬼の形相で歯をくいしばって我慢して、精神修養の一環として取り組んだ副産物としてダイエット効果があればいいかなって人は中々いないと思います。笑

砂をかじってでも痩せたいか、と言われたら絶対にNoです。

我慢して痩せる未来と、美味しいものをたらふく食べられる未来を、神様にいま選択させられるとしたら迷わず、美味しいものをたらふく食べられる未来を選ぶ人間です。笑

美味しいものをたらふく食べることで痩せる機会を失うというペナルティを受け入れてしまう方です。笑

だからこそ僕がもし、ダイエットをするとしたら我慢が要らなくて、しかも結果的に痩せられた!ラッキー!

みたいなダイエット方法に取り組むと思います。

だからこのブログには、我慢いらずのダイエットも多く載せているつもりです。

あなたも、まずは痩せる!プロセスにこだわりなし!結果が出ればいい!我慢なんてしたくない!簡単に痩せたい!

そんな気持ちを持ってダイエットをされている方かもしれませんね。

その気持ちを持っている方のが自然ですし、親しみを持てます。笑

で、そんな気持ちを持っている方ほど、根は真面目だったりしますから、運動をして少しは苦労しないとダイエットが出来ない!

なーんて思ってネットで検索して情報収集していたりもします。

ですが実際に調べていくと、ダイエットにエクササイズは必須ではなくて、食事に工夫をすることで痩せる方法なんてごまんとあるんですね。

で、食事だってちゃんと美味しいものを摂りながら痩せる方法だってあります。

それなのに何か我慢をしないと痩せられないという思い込みがあってダイエット方法を探していると、我慢いらずのダイエットが見つかっても、そんな上手い話があるわけない!

と、せっかくの素晴らしいダイエット方法を実行出来なくなります。

そんなあなたはきっと痩せる=我慢

と考えているんだと思います。

これは半分間違いです。

我慢したって、それが適切な我慢じゃなければ単にストレスが溜まるだけです。

それに、痩せるのに我慢が必要だなんて誰が決めたんでしょうか。

私は我慢しないでダイエットが出来るならその方がいいと思う人間です。

修行をして痩せたい!精神修養して立派な人間になりたいんだ!その副産物として痩せれたらそれでいい

なんてこれっぽっちも思えない人間です。笑

簡単に結果だけが欲しい!プロセスも結果を得るのに必要な最短距離がいい!結果を得たら、結果的に立派な人間になれたかも。笑

ぐらいでいい人間です。笑

だから、最短距離でダイエットをしたいひとにこそこのブログを読んで欲しいし、最短距離で結果を出せるよう
な情報を載せているつもりです。

短期決戦で我慢してそのあとは楽をして過ごせるタイプのダイエット方法から、毎日の食生活に+αで痩せられるダイエット方法まで紹介しています。

楽をするにも色々と種類があるので、あなたに合った楽をしてダイエットを成功させて頂けたらと思います。

食事で効果的にダイエットする方法を生物学的に検証してみました。

あなたがダイエットを志してネットで調べているとたくさんのダイエット情報がヒットしてくると思います。

例えば、ダイエット 食事で調べてみると、スープかいいだとか、プロテインがいいだとか、玄米がいいだとか出てきますよね?

で、読んでみるとどれも良さそうで、実際に痩せれる気がしてくるわけなんですけど、ちょっと待った!

あなたは、スープだとプロテインだとか玄米だとかを以前から食事で取り入れていましたか?

実は人間にはこんな習性がありまして、それがなにかと言うと変化を嫌う性質です。

なぜ人間は変化を嫌ってきたかというと単純に危険を避けて安全な方法を選ぶという生物としての本能があるからです。

例えば、火があったとして火にわざわざ手を突っ込むなんて、普通はしないですよね?

火があればそれを避けるのが自然ですよね。

それは今まで火を見たら避けておけば安全だったからです。

もしくは、火は焼くものと学習しているからです。

ほかにも、あなたがダイエットを志して毎朝ランニングをしようとしたことはありませんか?

あったとしたら、その行動は続きましたか?

きっとはじめはやる気があったものの、次第にやらないでいいやという魔のささやきが聞こえてきて、辞めてしまった経験は誰しもが一度はあるのではないでしょうか?

何故そうなったかというと、先ほどの例なら今までに走らないで生きてきて安全だったからです。

このように以前までの経験から、未来に向けてどう行動したらいいかを無意識に人間は考えて行動しています。

さて、食事の摂り方に話を戻しましょう。

あなたは、毎日の食事を食べてこれまで安全に生きてこれました。

この事実がある中で、

今までの食生活を全く変えたダイエット方法

今までの食生活の延長のダイエット方法

のどちらが続きやすそうでしょうか。

今までと全く違う食生活というのは安全にこれまで生きてこれたという経験には、当てはまらない食事になりますよね。

とうことですから、やはり続きやすい食事というのは、今の食生活の延長上にあると考えた方がいいです。

そうすると、奇抜な食事は取り組むべきダイエット食事から除外することが出来ますね。

逆にあなたが取り組むべき食事は今の延長上にある食事になります。

こうするとだいぶ絞ることが出来そうですよね。

この条件をクリアするダイエット食事なら、続きやすいと言えて取り組んで吉です。

つまり痩せるご飯の特徴とは、現在の食事の延長上のご飯で、カロリーが少ないものと言えます。

あなたが取り組んでいるダイエット食事は、あなたの食生活の延長上にありますか?

もし、今までに経験したことのない食事であれば、いま一度本当に続けられる食事かどうかを考えてみましょう。

そして、自分が今まで摂ってきた食べ物の摂り方や量を工夫して行えるダイエット食事を探してみましょう。

例えば、水は必ず1日の中で摂らないといけないものですよね?

のみ過ぎても身体から出て行くだけですから、水を用いたダイエットはあなたの食生活の延長上にあることになりますね。

このブログではあなたの食生活の延長上にあるものを主にご紹介していきますので、楽しみにして頂けたらと思います。

痩せる運動とは?ダイエット効果の高いエクササイズの特徴は?

今日は痩せる運動の特徴について記事にしたいと思います。

ダイエットをするにあたって大事なことは、消費カロリーの高さですよね?

一回の行動で多くのカロリーを消費できる運動

つまり、痩せるために適している運動とはイコール消費カロリーの高い運動と言えそうですね。

ですがちょっと待った!皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、消費カロリーの高い運動に限ってハードなものだったりしますよね?

皆さんはこんな経験はありませんか?

ダイエットをしようと思い、毎朝ランニングをしようと決心した。

どうせランニングするなら長い距離走ろうと思い、1日目から飛ばしてランニングする。

二日目

明日も、こんなハードな運動をしないと痩せられないのか、、
ランニングをしようとするけども、昨日あれだけ走ったし大変だったから今日は走らないでいいや、

結果的にダイエットが続かない、、

と、毎日のダイエットが次第に2日、3日置きのダイエットになり、最後はやめてしまうなんて結論を迎えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やる前に想像して疲れてしまってやれなくなるのでは、ダイエットの成果は望めませんよね。

つまり、消費カロリーの高さを見る必要はありますが、それと同じ程度に、続けられる運動かがダイエットを行う上では重要になってきます。

さて、続きやすいダイエットがじゃあどんなものかというと楽をしながら痩せられるダイエットになるのではないでしょうか。

楽をするとは、最小の努力で最大限の結果を出すということと同義です。

結局、ダイエットで成果が出なければ、成果が出るまでダイエットをしなければならないわけですよね?

ということは、少しの労力で多くのカロリー消費をするダイエットが続きやすいダイエットになりますね。

続きまして、楽をして痩せられるダイエットがあるとして、それを1日で何回こなせるかが大事になってくると思います。

一発でビール一杯分のカロリーを消費できるのであればいいですが、そんな美味しい話は絵に描いた餅のようなものですね。

さらに、そんな運動があったとしても相当にキツい運動であることには変わりないでしょうね。

つまり、日々の生活でどれだけそのダイエット行動を取れるかが、ダイエット成果に直結するわけですね。

これらをまとめますと

一回の行動が楽で多くのカロリーを消費する

その行動を何度も1日で取れる

というのが、痩せるダイエットの特徴と言えます。

こういう特徴を持った運動がダイエットに相応しいと言えるわけですね。

つまり、単に消費カロリーが多いだけじゃ、ダイエットには不向きな運動かもしれないですよ。

あなたがこれからダイエットをしようと思い、インターネットで、ダイエット 消費カロリー 高い と調べるだけじゃなくて、本当に続けられるダイエットかどうかを考えていきましょう。

そうすると実はダイエットというのは、運動だけじゃなくて食事、飲み物、サプリメントなど沢山の方法があることに気づくと思います。

運動の中で痩せやすく続きやすいダイエット、食事の中で痩せやすく続きやすいダイエット、飲み物の中で痩せやすく続きやすいダイエット

など、カテゴリー毎に痩せやすく続きやすいダイエットをまとめていけば、自然に痩せやすい生活を送れるようになります。

これからはこのブログであなたにとって無理のない運動を一緒に探していけるようにいくつかのダイエット方法を紹介していきますから、楽しみにして頂けたらと思います。