お腹に溜まるガスについて生物学的に徹底検証してみました。

あなたのお腹に溜まるガス。会議のときになると急にお腹が鳴り始めたり、トイレに行くと出なくなったり…。

凄く天邪鬼で扱いに困る存在

それがお腹に溜まるガスですよね。

そんなお腹に溜まるガスにもいくつか種類があるのを知っていますか?

お腹に溜まれば一緒でしょ?と思う方もいるかもしれませんが、全く溜まり方によってガスの性質も変わります。

性質に天と地ほど開きがあると言っても過言ではありません。

あなたのお腹に溜まってるガスの原因を突き止めないと、あなたは永遠にガスに振り回されることになります。

ですが、このブログを読み進ればあなたは、あなたのお腹に溜まっているガスがどんな性質のガスかを推測することができるようになります。

あなたを悩ませていたガスの正体を明らかにすれば、もうあなたは会議中に恥ずかしい思いをすることもありません。

たった数分読むだけで、現実が様変わりするのです。

では、前置きはここまでにして。

あなたを苦しめて来たお腹に溜まったガスは

腸によって作られたガス

胃液が膵液により中和されるときに出来るガス

口から飲み込んだ空気で作られたガス

のどれかになります。

あなたのお腹に溜まっているガスがどの要因で作られているかによって、対策が変わることがわかって頂けると思います。

では、まず口から飲み込んで作られたガスで悩んでいる方への処方箋を出しましょう。

まず、何故、空気を飲む量が多くなってしまうかというと原因は

緊張やストレス

です。

呼吸が浅くなり、空気を吸う回数が増えているので、お腹に余計な量の空気が口から入ってしまうのです。

この方々は、深呼吸やストレッチをして、緊張やストレスを取り除く必要があります。

もっとも、一時的ではなく、より心理的なもので呼吸が浅くなってしまう場合は、家でアロマを焚いたり、リラックス出来る工夫が必要になります。

そして、次の胃液が膵液に中和されて出来るガスの場合は

食べ過ぎ

が主な原因です。

胃液によって酸性になった胃の内部を中和するために、膵液が分泌されるのですが、中和されるときにガスが出ます。

食べ過ぎて、大量の胃液が出ればそれを中和するためには大量の膵液が必要です。

そうして大量のガスが発生してお腹にガスが溜まってしまうのです。

このことが、原因でお腹にガスが溜まっている場合は、食べる量を少なくすることが改善のカギになります。

最後の腸によって作られたガスは
食べている食べ物

が大きな原因になります。

例えば、パンなどの炭水化物や炭酸飲料はガスを多く含んでいるので、胃をガスで充満させてしまう原因にもなります。

また、ゴボウやホウレンソウや、オリゴ糖を多く含む玉ねぎなどの食品は、腸内で発酵してガスを発生させる原因を作り出します。

これらを食事で取りすぎている場合は、これらの摂取量を抑えることで改善が期待できます。

このように原因によって解決策は変わってくるので、あなたのお腹の中のガスが何故溜まっているのかを分析することから始めましょう。

次の記事では、あなたのお腹の中に溜まっているガスの種類を割り出す診断方法を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です