お腹のガスを抜くツボを生物学的に検証しました。

mr.Bです。

今日は、あなたのお腹のガスを抜きたくてたまらないけども、なかなか抜けないの!という悩みを解決する記事になっています。

お腹になんとなく感じる、ガスが溜まってるような違和感を感じる時ってありますよね?

しかし、お腹を押せばお尻からおならとしてガスが出るかと言うとそんなこともありませんよね。

かと言って、大事な会議でおならが出そうにならないかと言うとそんなこともない。笑

きっとそんな天邪鬼な存在がお腹のガスかと思います。

すごく天邪鬼なお腹のガスちゃんですけど、もしあるツボを押すだけで従順なガスちゃんに変身するとしたら、

きっとあなたは思いのままにお腹のガスをトイレで抜いて、会議をスッキリと迎えることが出来ますよね?

そんなお腹のガスちゃんを従順にするツボのひとつは、実はお腹の周りにあります。

そのため、お腹を弧を描くようにして揉むと小腸が刺激されてガスが出やすくなります。

そして、もうひとつ実はお腹のガスちゃんを従順な存在にする謎のツボがあります。

それはどこだと思いますか?
脇の下とかおでことかじゃありません。
全然、そんなところ思いついてないかもしれませんが。笑

もしくは、足の裏だと思った方がいるかもしれませんね。たしかに足の裏には沢山のツボがあるので、小腸に効くツボもあるかもしれません。

ですが、今回のツボは足の裏にあるツボではありません。

お腹ではありませんが、身体の中心の方にあります。

もしかしたら、もう気付いたかもしれませんね。

そう、あなたの腰にお腹のガスちゃんを従順な存在にする謎のヤバいツボがあるのです。

じゃあ腰のどこにあるんだよ!って思う方もいると思います。

お腹のガスちゃんを従順な存在にするツボは背骨周りにあります。

腰が痛い時に無意識に背骨あたりに手を置く方がいますが、まさにそこです。

で、このツボは左右の腰の2箇所に存在していますので、両手でマッサージすることで効果が高まります。

このツボをトイレの個室で押すことで、お腹の小腸を刺激することが出来るので、お腹が活発に活動するようになります。

基本的にガスは身体の中から外に出したいものですから、お腹が活発に活動したら、ガスは外に出されます。

こういう仕組みで、ガスがあなたの外へ出て行くんです。

さらにこのやり方は、薬も飲まずに済んで気軽に行えるので、トイレでもやりやすいです。

なのでお腹のガスが溜まって仕方ないときは、

まずは、お腹周りを弧を描くようにして刺激する

腰と背骨の両側にある二つのツボを押す

これをすれば、お腹からガスが出やすくなりますので、おススメです。

腸がギュルギュルギュルと音を立てて活動的になること間違いなしです。

そうなればしめたものです。基本的にガスは老廃物ですから、身体から出そうとしておならをしたくなるはずです。

トイレの個室で気持ちよくガスを出し切ってから会議にのぞむことができます。

お腹のハリが気になって仕方ない方は、まずはお腹周りと腰を刺激してみてはいかがでしょうか。

それでもお腹のガスが出ない方はお腹のガスを出しやすくする謎の食べ物を後日紹介するので、楽しみにして頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です